E233系2000番台@馬橋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬と全然関係ない鉄道動画を紹介するだけの記事

皆様、こんばんは。

バイトでクタクタになった管理人です。年末なんで人が多いですね…。
もう年末くらいみんな家で寝てればいいのに←

疲れてグッタリしながらスマートフォンのGoogleアプリの集めてくるニュースを眺めている管理人です。
ここんとこ…というか今年はけものフレンズを調べる機会が多かったので(ブログの記事を書くときとか)
よくけものフレンズ関連のニュースが表示されるわけなのですが(Androidの人ならよくわかると思います)、
また「○○が選ぶアニメ」みたいなのにけものフレンズが挙がったみたいですね。すっごーい!
嬉しいですけど…複雑です。これほど賞とか色々評価されているのに崩壊していくアニメって珍しいですよね。
視聴率も良く、円盤も飛ぶように売れていたのに…どうしてこうなったのか。
1年前の今頃は3DCGのアニメが大ヒットすることも、自分がそのアニメにハマることも、
そしてそのアニメが1年後には窮地に陥ってしまうというのも夢にも思わなかったです。人生何があるかわからない。

そんなことは良いとして、今回は最近撮った鉄道動画を紹介したいと思います。


それがこちら。特に珍しくもない車窓動画です。舞台は上野東京ライン。
品川駅から松戸駅までです。E531系ではありますが、本数が増えたので別に珍しさはないですね。
たた、途中で品川新駅の工事風景が見られることや、E231系とE235系の両方が走る山手線など、
過渡期を感じますね。あと途中でラブライブのラッピングがされたE231系とちょくちょく並走します。


そしてもう一つ。こちらは完全におまけ。
ただ、地元の千葉県松戸市がコミュニティバスを導入したってことで初日にお試し乗車してみたという。
まぁ、良くも悪くも普通のバスでした。乗車率は…お察しください(;・∀・)

という2つの動画…1つは音声のみですが…完全に年末とは関係ないです。
しかも、別にどちらもレアな状況でもなんでもないという。

載せたかったから載せただけでした。

というわけで今回はこの辺で(^ω^)ノシ
スポンサーサイト

フレンズと八高線を探して、秋の多摩へ 第2回 [11/24 撮影]

皆様、こんばんは。

寒気と頭痛がするので何となく風邪を引いたような気がする管理人です。
睡眠時間は十分過ぎるくらい取ってますけどね。ただの寝坊ですけど(;´∀`)

世間は空前絶後のパンダブームですね。ワイドショーもそればっかでした。
管理人もパンダのフレンズを見に行きたいところですが、混んでるし当たらない…。
多摩動物公園よりも井の頭自然文化園よりもはるかに上野動物園が近いんですけどね。近くて遠い。

今回の記事達ではそれらの動物園ではない動物園が出てきますが…それは次回以降で。
今回はまだ鉄道写真が続きます。

では以下本文です(^O^)/




5番線駅名標 [JR東日本 拝島駅]
5番線駅名標 [JR東日本 拝島駅] posted by (C)Nacom
前回は西武の拝島駅に居ましたが、今回からはJRの拝島駅へ。
やって来ましたのは八高線ホーム。駅ナンバリングは実施対象外なので見当たりません。
しかしここは東京、多言語対応はしっかりとされています。青梅線や五日市線と一緒に更新したんでしょうね。

JR209系3100番台 宮ハエ72編成 [JR東日本 拝島駅]
JR209系3100番台 宮ハエ72編成 [JR東日本 拝島駅] posted by (C)Nacom
そんな拝島駅にやって来たのは八高線の209系。ただ、ここはあまり撮影に適していなかったかも。
高架柱も多いのに加え後ろも切れている/(^o^)\
後ろのイトーヨーカドーの看板が目立ちますね。確かそのうち鳩のマークに戻るんでしたよね。

ホームドアとJR205系3000番台 宮ハエ84編成 [JR東日本 拝島駅]
ホームドアとJR205系3000番台 宮ハエ84編成 [JR東日本 拝島駅] posted by (C)Nacom
八高線は単線のため列車交換をするために八王子行の電車もやって来ていました。
驚いたことに拝島駅にはホームドアが設置されていました。2015年3月からあったようです。知らなかった。

ホームドアとJR205系3000番台 宮ハエ84編成 [JR東日本 拝島駅]
ホームドアとJR205系3000番台 宮ハエ84編成 [JR東日本 拝島駅] posted by (C)Nacom
山手線や東京メトロでよく見る可動式ホームドアではなく昇降式ですね。可動式より柔軟性があります。
昇降式はJR京都線の高槻駅でも見ましたが、向こうのはバーと言うよりもっと紐っぽかったですね。
去年撮影したのですが…その写真を公開するのはいつの日になるのやら(; ・`д・´)

JR209系3100番台 宮ハエ72編成 [JR東日本 箱根ヶ崎駅]
JR209系3100番台 宮ハエ72編成 [JR東日本 箱根ヶ崎駅] posted by (C)Nacom
拝島駅が目的地ではないのでやって来た209系に乗り移動…。そして箱根ヶ崎駅で降車。
この209系、ちょっと雰囲気が違うのは元りんかい線の70-000形だから。逆輸入的な感じです。
205系と209系が活躍しているのは郊外路線あるあるですね。武蔵野線も同じです。もっと都心寄りだけど。

2番線駅名標 [JR東日本 箱根ヶ崎駅]
2番線駅名標 [JR東日本 箱根ヶ崎駅] posted by (C)Nacom
箱根ヶ崎駅の駅名標。拝島駅とは異なり、多言語対応はまだでした。
八高線と言えばE231系が導入されることで今ちょっと注目されていますが、管理人の目的はそれだけではないです。
ついでに撮りに来た感じですかね。八高線は遠いのでめったに来る機会がないですから。

2番線駅名標 [JR東日本 箱根ヶ崎駅]
2番線駅名標 [JR東日本 箱根ヶ崎駅] posted by (C)Nacom
駅名標をよく見てみると路線カラーのところがちょっと変です。まさかの2色です。灰色なのに。
八高線と川越線ってことで2色なのかもしれませんが…帯の色と同じオレンジとウグイスにすればいいのに。
常磐線各駅停車も一部灰色にされてますよね。常磐線も駅名標とかは緑色でまるで統一されてないですけどね。

駅舎からの眺め [JR東日本 箱根ヶ崎駅]
駅舎からの眺め [JR東日本 箱根ヶ崎駅] posted by (C)Nacom
箱根ヶ崎駅は駅舎が一部ガラス張りであったのでそこからの景色を撮ってみました。
東京都瑞穂町、これでも都内です。田舎感はありますが、やはり都内なので建物は多いですね。
ホントの田舎とはやはり違います。ただ、後ろには山々が見えています。
周りに山など無い平地で育った管理人はこういう山々を見るとすごく遠くに来た気がしてしまいます。
山に囲まれてると空気が美味しい気がしました(小並)

駅舎 [JR東日本 箱根ヶ崎駅]
駅舎 [JR東日本 箱根ヶ崎駅] posted by (C)Nacom
そんな箱根ヶ崎駅の駅舎がこちら。綺麗ですね。都心部の駅は見た目汚いとこ多いですもんね。
都心ど真ん中とかなら無駄に改修工事しますけど、ちょっと離れたエリアはむしろ汚いですもんね。
更に離れると今度はまた綺麗になると。地方拠点駅的な感じですかね。
別に江戸川を挟んだ東京と千葉のエリアを想像したわけじゃないですよ。実際汚いけど。

この箱根ヶ崎駅から少し歩いたところに今回の第1目的地があります。続きは次回…。




ということで今回の本文はここまで。

頭が痛くなってきたので早めに寝たくなってきました。というか眠い。
管理人の身体は一体何時間寝れば眠くなくなるのか…。寝過ぎィ!

では、今回はこの辺で(^ω^)ノシ

フレンズと八高線を探して、秋の多摩へ 第1回 [11/24 撮影]

皆様、こんばんは。

Japari Cafe2とフレ!フレ!ベストフレンズを聞いてけもフレ成分をチャージしている管理人です。
しかしいい曲ばかりですね!多分今月は延々とループする気がします。
もちろんたのしー!のですが、何となくしんみりともしています。特にサーバルちゃんとかばんちゃんの曲とか。
ただ、管理人がおっさんで感傷的になってるだけです(;´・ω・)
早くぱびりおんを…そして幸せな2期を…。

さて、井の頭自然文化園の撮影記録を終えたわけですが…今回からは鉄道あり動物ありの記事となります。
舞台は秋のたまちほー、羽村市と八王子市周辺です。ちなみにしばらくは鉄道写真が続きます。

では、以下本文です(^o^)/




1番線駅名標 [西武鉄道 玉川上水駅]
1番線駅名標 [西武鉄道 玉川上水駅] posted by (C)Nacom
今回最初の写真は駅名標です。まーた駅名標か、と言っても今回はJRじゃなくて西武です。
場所は西武拝島線の玉川上水駅です。多摩川を玉川って書くタイプの名前ですね。
西武線と言えばこれまた管理人には馴染みのない路線です。意図的に乗りに行かないと使わないくらいに…。

西武鉄道2000系 [西武鉄道 玉川上水駅]
西武鉄道2000系 [西武鉄道 玉川上水駅] posted by (C)Nacom
玉川上水で何故降りたかというと…乗っていたのが玉川上水止まりだったから…それだけ。
西武2000系です。違うとは分かっているのですがどことなく流鉄に見えてしまいます。
流鉄で走っているのは西武101系なんですけどね。もうこの顔は流鉄にしか見えなくなっています。
貫通扉とか方向幕周辺とかまるで違うんですけど…西武に馴染みがないと流鉄にしか見えません。

西武鉄道2000系 2451F+2007F [西武鉄道 玉川上水駅]
西武鉄道2000系 2451F+2007F [西武鉄道 玉川上水駅] posted by (C)Nacom
隣の1番線に急行の拝島行がやってきました。こちらも2000系。
管理人は高田馬場から乗ってきたのですが、結局この後続の拝島行に乗るなら高田馬場で待っていても同じだったという。
本当に乗りたかった拝島行は1本前だったんです。逃してしまった上にまさかの20分間隔だったとは…。

7番線駅名標 [西武鉄道 拝島駅]
7番線駅名標 [西武鉄道 拝島駅] posted by (C)Nacom
そんなこんなで拝島駅に着きました。ちなみに目的地ではありません。ただの乗換駅です。
管理人の定期の関係で意外にもJR1本より東京メトロと西武を使ったほうが安いんですね。
2年くらい前に武蔵五日市に行った時も西武線を使いましたね。逆にそれでしか使っていないという。

ラッピング(西武鉄道2000系 2007F) [西武鉄道 拝島駅]
ラッピング(西武鉄道2000系 2007F) [西武鉄道 拝島駅] posted by (C)Nacom
実際乗るはずじゃなかったこの拝島行を降りてホームを歩いてみると車体に何やら文字が。
「西武鉄道×台湾鉄路管理局協定締結記念電車」って書かれてますね。台湾と何やらコラボしてるみたいですね。
海外の鉄道にはまるで詳しくない管理人ですが台湾鉄路管理局ってのが台湾の国鉄ってのは分かりますね。

西武鉄道2000系 2007F [西武鉄道 拝島駅]
西武鉄道2000系 2007F [西武鉄道 拝島駅] posted by (C)Nacom
先頭まで見に来てみました。先頭もしっかりラッピングされてますね。バク?が描かれてます。
そしていつの間にか幕回しされて急行西武新宿行になってます。

LAIMO…?(西武鉄道2000系 2007F) [西武鉄道 拝島駅]
LAIMO…?(西武鉄道2000系 2007F) [西武鉄道 拝島駅] posted by (C)Nacom
そのよくわからないバクをアップで。「LAIMO」と書かれてます。名前でしょうか?
台湾鉄路管理局の公式キャラクターなのかな?と思っていたら違うみたいです。台湾発のキャラクターらしい。
HPには「アジアを中心に絶大な人気を誇る台湾発キャラクターLAIMO」と載ってます。ごめんなさい。全く知らなかったです。

方向幕(西武鉄道2000系 2007F) [西武鉄道 拝島駅]
方向幕(西武鉄道2000系 2007F) [西武鉄道 拝島駅] posted by (C)Nacom
ちなみに方向幕は至って普通でした。急行なのにExpressをEXPと略してるんですね。
そういうのは〇〇急行のときに使うもんだと思っていました。鉄道をあんまり使わない人にはEXPで分かるんですかね?
海外のゲーマーは経験値のことだと思う…わけないか。

7番線駅名標と西武鉄道2000系 2007F [西武鉄道 拝島駅]
7番線駅名標と西武鉄道2000系 2007F [西武鉄道 拝島駅] posted by (C)Nacom
駅名標とラッピングされた車体を一緒に。イラストには歌舞伎町とありますし新宿ですね。
歌舞伎町ってあんま良い印象ないですが…イラストにしたんですね。

ラッピング(西武鉄道2000系 2007F) [西武鉄道 拝島駅]
ラッピング(西武鉄道2000系 2007F) [西武鉄道 拝島駅] posted by (C)Nacom
よく見る表記方法としてお馴染みのI♡台湾の文字もありました。「台湾においでよ!」って感じですね。
台湾は漢字の国ですし何となく行きやすそうな印象がありますね。大陸の中国とは違って繁体字ですし。
簡体字だと何書いてあるか日本人にはよくわかんないですもんね。繫体字の方が似てるので何となく安心します。
まぁ実際意味は全然違うとかありそうですけど…ハングルの韓国よりは数倍マシですね。あれは英語よりわからないですし。

新宿のラッピング(西武鉄道2000系 2007F) [西武鉄道 拝島駅]
新宿のラッピング(西武鉄道2000系 2007F) [西武鉄道 拝島駅] posted by (C)Nacom
新宿のラッピングとして西武2000系のような車両が描かれてます。LAIMOは上に乗ってますけど(;'∀')
右の絵は何ですかね…?不思議の国のアリス…?関係ないか。

北台灣のラッピング(西武鉄道2000系 2007F) [西武鉄道 拝島駅]
北台灣のラッピング(西武鉄道2000系 2007F) [西武鉄道 拝島駅] posted by (C)Nacom
別の車両には北台湾と書かれたイラストも。台北とかあるのが台湾の北部なんでそういうことでしょうか?
2000系よりちょっと手抜きに見える車両の絵もあります。日本の特急に相当する自強号って種別の車両ですね。
TEMU2000型というらしいです。ちなみに日本で製造された車両です。なんか嬉しいですね。
しかしどこかで見たような色合い…って思ったら東武の200系の塗装でコラボしていた車両でした。
どうやら台湾鉄路管理局は日本の色んな鉄道会社と協定を結んでいるみたいです。

乗り遅れによって偶然ラッピング車両を撮れた管理人なのでした。次回は西武からJRに乗り換えます。




というわけで本文は以上です。タイトルの回収は一切していない記事となりました。
フレンズはおろか、八高線も出てこないで西武線だけでしたからね(;^_^A
考え方によってはLAIMOがバクのフレンズってことになるかも…(?)
次回こそはタイトル回収ができるかもしれません。

では、今回はこの辺で(^ω^)ノシ

いのかしらちほーに行くのだ!(井の頭自然文化園撮影記) そのよん! [10/10 撮影]

皆様、こんばんは。

無事TOEICで爆死した管理人です(?)。理由は明らかです、無論勉強不足です。
前回受けたときは大学受験の直後でしたからね…集中力もあったわけです。リスニング長げーよ(無能)
やはり今となっては…。大学生ってやっぱり一番勉強しないですよね!(白目)
次回は頑張ります。次回こそは…。多分…。

さて、終わったことを気にしていても仕方がないのでもう忘れるとして←
今回は久々に井の頭な記事を公開していきます。今回も主要なフレンズが出てきますよ。お楽しみに。

では、以下本文です(^-^)/





園内マップ | 井の頭自然文化園公式サイト - 東京ズーネットより引用


今回のルートはこちら。オレンジ色の線を辿ります。管理人がウロウロしていたのがよくわかりますね。
井の頭自然文化園って武蔵野市民への割引のような制度があった気がしますね(唐突)
多摩動物公園とは違って学校や幼稚園帰りっぽい子供連れが多くてびっくりしたのを思い出します。
動物園が近くにあるって良いですね。しかも割引とか。管理人の住む街には動物園なんてないですねぇ。
すぐ隣の市川にはありますけど。市川市動植物園が。駅から離れたすごく行きづらい場所に。

ホンドテン [井の頭自然文化園]
ホンドテン [井の頭自然文化園] posted by (C)Nacom
今回最初の動物がこちら。ホンドテンです。名前からわかるように日本の動物です。イタチの仲間ですね。
漢字では貂と書くみたいです。ちなみにイタチは鼬らしいです。似てない。
飼育場所が暗いのと動きが速いのでこんな写真しか撮れませんでした(;・ω・)

タヌキ [井の頭自然文化園]
タヌキ [井の頭自然文化園] posted by (C)Nacom
続きましてはタヌキ。丸くなって寝てます。またもや日本の動物です。
タヌキと言えば腹太鼓のイメージが強いですが、そんなに太ってないですよね。
人間の方が明らかに肥満が多いですね(確信)

アカギツネ(ホンドギツネ) [井の頭自然文化園]
アカギツネ(ホンドギツネ) [井の頭自然文化園] posted by (C)Nacom
タヌキの隣には…キツネが居ました。セットになりがちな二匹です。
こちらも日本のホンドギツネです。狐は祀られたりと日本人に好かれた動物ですよね。
タヌキもキツネもイヌ科ですが、キツネは特にイヌっぽいですね。
最初はパッと見で柴犬?と思ってしまいました。よく見ると色々違いますよね。

ニホンアナグマ [井の頭自然文化園]
ニホンアナグマ [井の頭自然文化園] posted by (C)Nacom
その隣にはニホンアナグマが居ました。日本尽くしです。アナグマもテンと同じくイタチの仲間です。
しかし固まって寝てるのでよく姿はわからないですが( ̄▽ ̄;)
ユーラシア大陸の広い範囲にもアナグマは生息しているようなのですが、
ヨーロッパアナグマとアジアアナグマの2種しか居ないそうです。
一方でニホンアナグマは日本だけ…って狭いですね。やはり島国だから特異なのか…?

ゾウ舎跡 [井の頭自然文化園]
ゾウ舎跡 [井の頭自然文化園] posted by (C)Nacom
アナグマの飼育場所の横には何の動物も飼育されていないエリアがあります。
大きな写真が貼られています。ここは元々ゾウが飼われていたようです。立派なわけです。

ゾウ舎跡 [井の頭自然文化園]
ゾウ舎跡 [井の頭自然文化園] posted by (C)Nacom
ゾウ舎の跡地…何故保存されているのか。その理由はここで飼われていたゾウにあります。
井の頭自然文化園にははな子という象が居ました。この名前でピンと来た方も居るかもしれません。
戦時に処分されてしまった上野動物園のゾウ「花子」の名前を受け継いだ日本最高齢のゾウだったようです。
吉祥寺の駅前には銅像もあるみたいですね。

フェネック [井の頭自然文化園]
フェネック [井の頭自然文化園] posted by (C)Nacom
再び動物写真に戻ります。今度はあまり見慣れない動物ですね。何かすごくのびてますね。リラックスしてそうです。
この色合いどこかで見た気がしますが何という動物でしょうか…?(名前書いてあるだろとか言わない)

フェネックとフェネック [井の頭自然文化園]
フェネックとフェネック [井の頭自然文化園] posted by (C)Nacom
そう!この動物は今回の主役であるフェネックです!(謎)
しっかりボードも貼られています。今にもアライさ~んって言いそうですね(?)
フェネックを見に井の頭自然文化園に来たと言っても過言ではありません。

フェネックたち [井の頭自然文化園]
フェネックたち [井の頭自然文化園] posted by (C)Nacom
フェネック達は下が砂で覆われた場所で飼われていました。
それもそのはずでフェネックはアフリカの砂漠に暮らす動物なんですね。吉祥寺じゃ寒いんじゃないか…?

フェネック [井の頭自然文化園]
フェネック [井の頭自然文化園] posted by (C)Nacom
特徴的なのは大きな耳です。上記の同じキツネのホンドギツネよりも耳が大きいのがわかります。
対して体はかなり小柄ですね。イヌ科で最も小さいようです。

フェネック [井の頭自然文化園]
フェネック [井の頭自然文化園] posted by (C)Nacom
砂漠と言えば昼間は暑く、夜は寒い、そんなわけでフェネックは巣穴を掘って生活するみたいです。
穴を掘るのが得意なフレンズなんだね!今は穴を掘らず木の中で休んでいましたが。
そして足の裏は体毛で覆われているとか。これは砂漠に住むスナネコさんと一緒ですね。

おひるねフェネック [井の頭自然文化園]
おひるねフェネック [井の頭自然文化園] posted by (C)Nacom
夜行性ということで寝ているフェネックが多かったです。動物園って結構みんな寝ている印象が…。
寝る時は何故か足が伸びるんですね。変わった寝方です。小動物なんで子供や女性に人気でしたね。
今はけもフレ効果で管理人のようなおっさんにも人気になりましたけどね←




さてさてここからはフレンズで振り返るコーナー(?)
…と言うよりフレンズ紹介ですかね。


アプリ版けものフレンズより引用


最初はホンドテン。本物に負けないくらい黄色いですね。ただキテンと呼ばれるのは冬毛のことらしいですよ。
フレンズのテンはどうするんですかね?服は脱げるんだけろうけど髪やしっぽは…。
冬毛のときにサンドスターでフレンズ化したってことですかね(適当)

タヌキ(けものフレンズ)
アプリ版けものフレンズより引用


続きましてはタヌキ。多摩動物公園にも居たので2度目の登場です。アライグマじゃないよ。
今回登場したタヌキとキツネはイヌ科、テンとアナグマはイタチ科。一方アライグマはアライグマ科。
やっぱりキツネはタヌキとセットの方が良いのでは…。決してアライさんを追い出そうとは思いませんよ←

キタキツネ(けものフレンズ)
けもフレ図鑑 - けものフレンズプロジェクト|公式サイトより引用


キツネはキツネでもキタキツネ。人気のあるフレンズの一人ですね。
どん兵衛のCM見る度にコラボ動画を思い出してしまう管理人です。切ない。地上波で流して…(切実)
というかキタキツネなんて登場してないような…。キタキツネはアカギツネの亜種です。
ホンドギツネもアカギツネの亜種。ならもうほとんど一緒じゃないか(雑)
ただ、ホンドギツネよりキタキツネの方が少し大型みたいです。
実際のところはアカギツネもフレンズ化されてるのですが、BD3巻の特典で初登場したらしく…
流石にここに載せるのは問題がありそうなので今回はやめました。気になる人は調べて下さいね。


アプリ版けものフレンズより引用


そしてニホンアナグマ。こちらも多摩動物公園に引き続き2度目の登場。
フレンズ化してもテンやタヌキと似た感じですね。

フェネック(けものフレンズ)
けもフレ図鑑 - けものフレンズプロジェクト|公式サイトより引用


そして最後はキツネはキツネでも小さい方のキツネのフェネック。こちらも人気者。
キツネって人気ですよね。ギンギツネも含めて。やっぱり日本人ってキツネが好きなんですね(名推理)
改めて見ると目の下側の模様も髪に反映されてますね。けものフレンズってすごいなぁ(n回目)
そして今回登場した5人のフレンズはよく見ると洋服の袖の部分が同じですね。
もこもこのやつ(深刻な語彙力不足)がついてます。狙ってこの5種の動物を撮ったわけじゃないですが。
井の頭自然文化園でも近いエリアに展示されてますし…似てるんですよ。多分。




というわけで日本の動物が多い記事でした。本文はここまで。

久々のブログ更新でしたが早いものでもう12月の中旬です。早すぎる…。
けものフレンズぱびりおんが延期されてしまったのが地味につらいです。きららファンタジアもメンテ中…。
でも、「フレ!フレ!ベストフレンズ」と「Japari Café2」の発売はもう目前ですね!すっごーい!
それだけを糧に生きていきます!わーい!たのしー!

ちなみにあと半月で2017年も終わるわけですが…。
当ブログは多分このまま溜まった写真を公開していくことになりそうです。やっぱり…(;・∀・)
ちなみに井の頭自然文化園の撮影記録が終わると鉄道写真と動物写真の合わせ記事(?)になりますかね。
また別の動物園なんですけどね。まぁそれについてはまたの機会で。

では、今回はこの辺で(^ω^)ノシ

いのかしらちほーに行くのだ!(井の頭自然文化園撮影記) そのに! [10/10 撮影]

皆様、こんばんは。

何故か地味に忙しい管理人です。今週はあまりゆっくり出来ないですね。
普段がゆっくりし過ぎてる気もしますけどね…(^o^;)
貧弱なのでその反動で疲れてきてます。特に今日明日が忙しいのピークなので早く乗り切りたいです…。

さて、今回も前回から引き続き井の頭公園な記事です。まぁ前回は井の頭公園すら出てこなかったですが…。
今回は出てくるのでしょうか!?(謎)

ではでは本文です(^-^)/




頭上には線路 [井の頭公園]
頭上には線路 [井の頭公園] posted by (C)Nacom
今回の1枚目はこちら。くらーい!これは井の頭線の線路ですね。意外にも井の頭公園駅のすぐ隣です。
すごい田舎で撮ったみたいな写真に見えますが都内です。

駅の裏の緑 [井の頭公園]
駅の裏の緑 [井の頭公園] posted by (C)Nacom
1枚目の写真を撮った位置で後を向くとこんな感じ。これでも駅の真裏なんですよね。
緑が多いだけでなく川まで流れてます。道路は舗装されておらず、公園の中に思えますが…。
GoogleMapにもここを通るように言われますし、れっきとした道路みたいです。

京王電鉄1000系 1710F [京王電鉄 井の頭公園駅-吉祥寺駅]
京王電鉄1000系 1710F [京王電鉄 井の頭公園駅-吉祥寺駅] posted by (C)Nacom
そしてそんな緑の中を井の頭線が走ります。勿論1000系です。今回はピンク色の編成。
井の頭線って結構街中を走るイメージでしたが、やはり緑があると印象がちょっと違いますね。
そんなに距離のある路線ではないですが、優等列車が走ってるのが良いですね。
種別といい本数といい武蔵野線も見習って欲しいです(憤怒)

京王電鉄1000系 1704F [京王電鉄 井の頭公園駅-吉祥寺駅]
京王電鉄1000系 1704F [京王電鉄 井の頭公園駅-吉祥寺駅] posted by (C)Nacom
申し分程度の鉄道要素が続きます。来たのは当たり前ですが1000系。
今度は緑色の編成。緑×緑でいい感じですね(?)
急行を追いかけるようにして走る各駅停車です。肝心の1000系が若干ぶれてるのはご愛嬌。

井の頭線の線路を後にして井の頭公園の中を進んでいきます。平日の昼過ぎでしたが人が多かったです。
子供連れやカップルに大学生にご老人などなど…ホントに老若男女って感じでしたね。流石都内。

井の頭池を望む [井の頭公園]
井の頭池を望む [井の頭公園] posted by (C)Nacom
そして進んだ先には井の頭池と噴水?が。ずっと池の畔を歩いて来たのですが結構大きな池でしたね。
この写真には写っていないですがスワンボートがある場所もありました。
デートスポットですかね。確か月曜日に夜更かしするような某番組で取り上げられてましたね。

木漏れ日 [井の頭公園]
木漏れ日 [井の頭公園] posted by (C)Nacom
この日は10月でしたがそれなりに暖かかった気がします。むしろ歩いていると暑かったかも。
そんなわけで木陰で休む人もちらほら。日の光を受けた池が綺麗…ですね…?

井の頭池 [井の頭公園]
井の頭池 [井の頭公園] posted by (C)Nacom
緑の木々と井の頭池。今頃は紅葉していてカラフルで綺麗かもしれないですね。
1つ前の写真で薄々気づいているかもしれませんが、この井の頭池…緑色なんですよね。

緑色… [井の頭公園]
緑色… [井の頭公園] posted by (C)Nacom
近づいてよく見てみると…やっぱり緑色です。管理人が初めて見た時は抹茶にしか見えませんでした(
そして何か浮いている?どうやらアオコのようです。夏になると大量発生するとか。
やはり池だと流れが少なそうですが、それも関係あるのでしょうか?

井の頭池を越えれば井の頭自然文化園はもうすぐです。

という事で井の頭自然文化園の写真は次回にお預け…( ̄▽ ̄;)




また詐欺記事みたいな感じになってしまいましたが、本文はここまでです。
井の頭公園は一応出てきたから許して←

次回は動物達が出てきます!
ただ、明日更新できるかは怪しいですね(;・ω・)
NEXT≫
Simply Profile

Nacom (なこむ)

Author:Nacom (なこむ)
最高にゆるりと生きる大学生。
趣味は写真やアニメやマンガ…
鉄道や道路などなど。
何から何まで広く浅くゆるく。

本業の学業並に
ブログもゆる~くやってます。

About This Blog
関東の鉄道写真や風景写真を中心に色々と紹介していくブログ。
ちなみに写真の技量は…。

コメント、トラックバック、相互リンク等はお気軽に。
Twitter:@Culun_1stなどでご連絡ください(^o^)丿

どうぞごゆっくり(U^ω^)
Calendar
01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
FC2 Access Counter
Live Traffic Feed
FC2 Online Counter
現在の閲覧者数:
Please Click!
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
Tetsudo.comへ
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
Category
Links
The Newest Report
The Newest Comment
The Newest Trackback
A Monthly Archive
Access Ranking
[ジャンルランキング]
写真
605位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
212位
アクセスランキングを見る>>
Search Form
Blotomo Application Form
RSS Link
QR Code
QR
Powered By FC2Blog

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Time Line(My Twitter)
My Photos
My Channel (Youtube)
RSS Feed Widget
Books and Animations
くるん⇄なこむの最近読んだ本
nowplaying♪(Twitter: @Culun_musik)
My Favorite and Admirable Pages

上海アリス幻樂団
ELEGY SYNDROME
アニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
けものフレンズプロジェクト|公式サイト
TVアニメ「ご注文はうさぎですか??」公式サイト
MF文庫J『緋弾のアリア』公式サイト
ゆずソフト|YUZU SOFT
Access Ranking
Flagcounter
Flag Counter
Weather Report
Recreational Blog Parts
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。